総合相談フォーム

品質保証・環境保全

高度な品質保証の実現と環境保全システム

品質保証のグローバル化、GMP・HACCPに対応

当社は、品質保証のグローバル化に対応していくためISO9001の認証を全事業部で取得しています。また、厳しい品質管理や環境管理が求められる医薬品製造プラントの建設においてはGMPに対応したバリデーションシステムに、そして、食品関連ではHACCPを考慮したエンジニアリングに対応します。

環境配慮型設計、廃棄物削減・再資源化、省資源・省エネルギー

環境保全活動においては、本社部門でISO14001の認証を取得し、以下の4項目を重点項目として活動しています。

  • 環境配慮を重視したエンジニアリング業務の遂行
  • 環境、資源、エネルギー分野等における地球環境保全関連事業の推進
  • 廃棄物の排出量の削減と再資源化
  • 省資源、省エネルギーの推進

ISO9001(品質マネジメントシステム)

エンジニアリング事業部・プラントメンテナンス事業部

登録日:2006年06月09日

登録番号:JQA-QMA12830

登録活動範囲:産業、環境に関連するプラント施設等のエンジニアリング事業活動
         産業、環境に関連するプラント施設等のメンテナンス事業活動

関連事業所:

エンジニアリング事業部

  • 木場オフィス
  • 秋田チーム、秋田支店
  • 常磐チーム、常磐支店
  • 大阪チーム、大阪支店
  • 大垣チーム
  • 直島チーム
  • 西部支店

プラントメンテナンス事業部

  • 秋田事業所
  • 鹿角事業所
  • 栗原事業所
  • 山形事業所
  • いわき事業所
  • 新潟事業所
  • 桶川事業所
  • 結城事業所
  • 筑波事業所
  • 裾野事業所
  • 小山事業所
  • 岐阜事業所
  • 美濃加茂事務所
  • 四日市事業所
  • 大阪事業所
  • 生野事業所
  • 万富事業所
  • 直島事業所
  • 伊万里事業所

品質方針:

  • お客様の要求事項を的確に把握し、お客様の満足を頂ける製品を提供し、信頼を勝ち取ります。
  • 品質マネジメントシステムが要求事項に適合し、有効に機能しているかを定期的に見直し、継続的な改善を行います。

PDFで開く

2017年4月1日策定
三菱マテリアルテクノ株式会社
取締役社長 安在 宏明

エンジニアリング事業部 長岡製作所

登録日:1998年11月13日

登録番号:JQA-2778

登録活動範囲:

以下を含む装置の設計・開発、製造及び据付並びに保守サービス(部品供給、点検、修理、オーバーホール及び技術指導)

  • 粉末成形プレス、サイジングプレス及び周辺装置
  • 工業炉及び周辺装置
  • 乾燥機、振動機器、濃縮乾固装置、フレーカ
  • 省力装置、半導体製造関連装置(単結晶引き上げ機及び周辺装置など)
  • アルミ缶製造装置(D/Iプレス、ネッカーフランジャー、スピンフローネッカー、ライトテスター、インサイドスプレーマシン、缶蓋ハンドリングシステム、缶搬送システム、各種検査装置など)
  • 産業機械(液晶ガラス研磨ライン、研磨布溝入加工機、ベルト背面研磨機など)

関連事業所:

  • 長岡製作所

品質方針:
私たちは、私たちが供給できる「ものづくり」の技術力で、顧客が満足する 安全で高効率、高生産性、省メンテナンス性を具備した装置を適正な価格で、 タイムリーに供給し、顧客の信頼を獲得し続けます。

PDFで開く

2017年4月1日策定
三菱マテリアルテクノ株式会社
取締役社長 安在 宏明

資源・環境・エネルギー事業部〔資源・環境部門〕

登録日:1999年11月19日

登録番号:JQA-QM3962

登録活動範囲:

  • 土木、建築等に係る地盤工学分野での調査、解析、設計に関連する技術コンサルタント業務
  • 土木、建築工事及びボーリング工事の施工
  • 環境、資源、エネルギー分野での調査、探査、開発、評価、対策に関連する技術コンサルタント業務

関連活動拠点:

  • さいたまオフィス
  • ボーリングセンター

品質方針:

  • 顧客満足度を充たす、信頼性の高い製品、技術、サービスを迅速に提供する
  • 安全性とコスト削減との両立を図った、効率的な製品、技術、サービスの提供を目指す
  • 環境保全と省エネルギー・リサイクルに配慮した製品、技術、サービスの提供を目指す
  • 競争優位性のある製品、技術、サービスの確立を目指す

品質方針を全グループ員に周知徹底させるとともに、具体的な各部署の品質目標を作成し、 日常業務に活用せしめる。業務の遂行にあたっては、顧客要求事項及び法令・規則等を遵守せしめる。 また、この品質マネジメントシステムが要求事項に適合し、有効に機能しているか定期的に見直し、 継続的改善を行う。

PDFで開く

2009年3月27日 策定 / 2016年4月1日 改定
三菱マテリアルテクノ株式会社
資源・環境・エネルギー事業部
事業部長 白井 政幸

資源・環境・エネルギー事業部〔エネルギー部門〕

登録日:2001年06月19日

連名登録:2003年07月22日(三菱マテリアル株式会社 エネルギー事業センターと連名)

登録番号:QC01J0020

登録範囲:

原子力関連施設(構築物、系統、機器、輸送容器及び貯蔵容器)の開発、設計、調達、製作、検査、建設工事及びサービス(製品の引渡し後に実施する試運転支援、委託運転及び保守・点検)に関わる業務

対象組織:

  • 資源・環境・エネルギー事業部 本社〔エネルギー部門〕
  • 木場オフィス
  • 東海事業所
  • 六ヶ所事務所

品質方針:

『確かな品質で、客先の満足する製品を提供する。』

トップマネジメントは、次の事項を満たす品質方針を確立し、実施し、維持します。

  • 当グループの目的及び状況に対して適切な、組織の戦略的な方向性を支援します。
  • 組織の「外部及び内部の課題」及び「利害関係者のニーズ及び期待」を「目標の枠組み」 とし、各機能が具体的な目標へ展開します。
  • 適用される要求事項を満たします。
  • 品質マネジメントシステムの継続的改善に努めます。

PDFで開く

2017年4月3日
三菱マテリアルテクノ株式会社
資源・環境・エネルギー事業部
副事業部長 蒲原 祐輔

ISO14001(環境マネジメントシステム)

本社部門

登録日:2000年12月08日

登録番号:JQA-EM1157

登録活動範囲:

本社部門(本社地区内の活動)におけるプラント施設等のエンジニアリング事業活動並びに環境・資源・エネルギー分野での調査・探査、開発、評価、対策に関連する技術コンサルタント事業活動

基本理念:

三菱マテリアルテクノ株式会社は、三菱マテリアルグループの企業理念である「人と社会と地球のために」を環境面においても配慮、実践する事の重要性を認識し、『企業活動を通じて地域と社会の発展に貢献すること』を経営の基本理念の一つとして、製品・サービスの提供を行います。

環境方針:

私たちは、環境面に配慮したトータルエンジニアリングを国内外ユーザーに提供することを前提に、 以下の方針に基づき環境マネジメントを実施します。

  • 環境への影響を調査・評価し、阻害要因を効果的に低減するために、技術的・経済的に可能な範囲で達成すべき環境目的及び環境目標を定めます。
  • 環境目的及び環境目標達成のために、計画を立案・実施し、成果の評価・見直しを行い、次なる改善目的及び目標につなげるための環境マネジメントシステムを構築します。この中には適切な環境汚染の予防活動も含めます。
  • 環境に関する法令、規制、条例、協定、その他の合意事項を順守するとともに、業務手順などを整備・改定し、環境マネジメントの継続的改善を実施します。
  • 社員に必要な教育訓練を行い、環境保全に対して、なすべき行動がとれる人材を育成します。
  • 特に次の項目については、積極的に推進します。

      1)環境配慮を重視したエンジニアリング業務の遂行

      2)環境、資源、エネルギー分野等における地球環境保全関連事業の推進

      3)廃棄物の排出量の削減と再資源化

      4)省資源・省エネルギーの推進

PDFで開く

2017年4月1日策定
三菱マテリアルテクノ株式会社
取締役社長 安在 宏明