酸化剤併用循環浄化工法

過酸化水素水のフェントン反応により、高濃度のVOCsを酸化分解します。

酸化剤併用循環浄化工法の特徴

フェントン反応を活用し、過酸化水素水と地中の鉄塩から酸化力を有するヒドロキシルラジカル(OHラジカル)を生成させ、VOCsを酸化分解します。
地下水揚水法との組み合わせにより、数1000mg/Lの高濃度VOCsの分解実績があります。

環境省が採択した技術!

環境省の「平成15年度低コスト・低負荷型土壌汚染調査対策技術検討調査に採択され、実証試験においても良好な結果を得ています。

過酸化水素水によるフェントン反応

施工方法の例(地下水揚水法との併用)