総合相談フォーム

焼却炉補修・下水処理施設補修

焼却炉補修・下水処理施設補修について

生活や産業活動で生じた廃棄物を処理する焼却施設や下水処理施設は、これらの処分だけでなく、資源やエネルギーとして再活用する重要な役割を担っています。
焼却施設は、あらかじめ分別された可燃物を焼却する設備で、主に乾燥、燃焼、排ガス処理、排出のプロセスに分けられます。
排ガス処理で発生した廃熱を熱交換で回収、発電や熱エネルギー供給等でリサイクルされる他、環境負荷を最大限低減させるため、有害物質の中和・除去を行っています。
下水処理設備は主に夾雑物除去、反応、高度処理、汚泥処理で生活排水、産業活動に伴う排水、雨水を浄化します。
夾雑物除去工程では排水に含まれるごみ等の夾雑物を除去、微生物や沈降、高度処理による浄化、リン・窒素除去を経て河川や海へ放流されます。
なお、沈降等工程で発生する汚泥は、汚泥処理施設で肥料又はごみ焼却施設で燃料として消費されます。

焼却炉補修の特徴

銅製錬設備のメンテナンスノウハウをもとに、設備全体の補修・更新に対応します。

処理フロー

下水処理施設補修の特徴

夾雑物除去設備の補修・更新、汚泥乾燥設備の更新・検査、汚泥焼却設備の補修・更新に対応します。

処理フロー

  • お問い合わせ・ご相談はこちら

    製品・技術については
    営業企画部
    03-3221-1471
    会社・採用については
    総務部
    03-3221-1741

焼却炉補修・下水処理施設補修に関連する製品

  • ディスクドライヤー
  • 搬送機器