総合相談フォーム

再生可能エネルギー

再生可能エネルギーについて

再生可能エネルギーは、資源が枯渇せず繰り返し使え、発電時や熱利用時に地球温暖化の原因となる二酸化炭素をほとんど排出しない優れたエネルギーです。

再生可能エネルギーの特徴

エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律で「エネルギー源として永続的に利用することができると認められるもの」として、太陽光、風力、水力、地熱、太陽熱、大気中の熱その他の自然界に存する熱、バイオマスが規定されています。

地熱発電について

日本は火山帯に位置するため、地熱利用は戦後早くから注目されていました。
本格的な地熱発電所は1966年に運転を開始し、現在では東北や九州を中心に展開。
総発電電力量はまだ少ないものの、安定して発電ができる純国産エネルギーとして注目されています。

地熱発電の特徴

  • 高温蒸気・熱水の再利用発電に使った高温の蒸気・熱水は、農業用ハウスや魚の養殖、地域の暖房などに再利用ができます。
  • 持続可能な再生可能エネルギー地下の地熱エネルギーを使うため、化石燃料のように枯渇する心配が無く、長期間にわたる供給が期待されます。
  • 昼夜を問わぬ安定した発電地下に掘削した井戸の深さは1,000~3,000mで、昼夜を問わず坑井から天然の蒸気を噴出させるため、発電も連続して行われます。

水力発電について

水力発電は、古くから日本のエネルギー供給源として、重要な役割を果たしてきており、近年ではクリーンなエネルギーの供給源として、とくに中小規模のタイプ(1,000kW以下)が注目されています。

水力発電の特徴

  • 成熟した技術がある既に高度に確立された技術を使うため、今まで未利用だった中小規模の河川や農業用水路などを水力発電に利用することが可能。
  • 自然の形状を有効活用河川や用水路などの流れをそのまま利用する「流れ込み式中小水力発電所」は、自然の形状をそのまま利用するので大規模ダムなどの施設が不要。
  • クリーンエネルギー太陽光発電同様、発電時には二酸化炭素等を排出しない、代表的なクリーンエネルギーのひとつ。
  • 河川環境の改善河川の未利用水資源を活用すると、河川環境の改善にもメリットがあり、総合的な環境保全に結びつく。

太陽光発電について

太陽光発電は、住宅用太陽光発電システム以外に、産業用や公共施設などで導入が進んでいます。

太陽光発電の特徴

  • エネルギー源は太陽光エネルギー源が太陽光であるため、基本的には設置する地域に制限がなく、導入しやすいシステムといえます。
  • メンテナンスフリーシステム的に可動部分が少なく、一度設置すると発電などは自動的に行われ、機器のメンテナンスはほとんど必要としません。
  • 用地を占有しない屋根、壁などの未利用スペースに設置できるため、新たに用地を用意する必要がありません。
  • 遠隔地の電源送電設備のない遠隔地(山岳部、農地など)の電源として活用することができます。
  • 非常用電源として災害時などには、貴重な非常用電源として使うことができます。
  • お問い合わせ・ご相談はこちら

    製品・技術については
    営業企画部
    03-3221-1471
    会社・採用については
    総務部
    03-3221-1741