きっと、何年いても
飽きませんよ。

プラントメンテナンス事業部
東部地区 いわき事業所
(所属は取材時点のもの)

沓澤 遼平

(2014年 新卒入社)

  • 挑み続ける若手たち
  • 機械専攻

1分1秒でも速く。
シビアな現場で学ぶ日々。

銅電解工場の機械メンテナンスを担当しています。毎日5回以上現場を回り工事の進捗を管理し、依頼を受けた設備工事の見積もりを作成しています。担当する銅電解工場では、銅アノードを銅電解槽と呼ばれるプールに浸けて電気銅を生産しています。現場に出たばかりの頃、生産工程の命綱である20トンの天井クレーンが壊れてしまいました。電解できなければ製品の品質が悪化してしまいますから、お客様からは1分1秒でも速く直してほしいと言われました。先輩や上司が手伝いに駆けつけてくれて、なんとか修繕できた時はホッとしましたね。トラブル時の対処法や段取りも、経験から覚えています。

  • 仕切りたがりだったから、
    ここを選んだ。

  • ものづくりの仕事に興味があったので、製造業の仕事も考えました。でも、関わる人が多種多様そうなプラントエンジニアリングを選びました。昔から仕切りたがりなんです。だから、たくさんの関係者と仲良くなり、自分のチームがつくられていく感じが好きなんです。自分の一言でチームの雰囲気が良くなる時、想定通りに段取れた時はやはり気持ちがいいです。また、毎日違うことをやりたいという考えもありました。変化が激しい環境であれば、年齢を重ねても日々新しい発見を得られると思います。

苦手なタイプの人こそ、
刺激をくれる。

学生時代は、自分の好きな人とばかり関わりを持っていたと思います。社会人になった今は、年齢や専門分野、バックグラウンドが異なる方々とも一緒に仕事をしますから、関わる人を選ぶことはできません。最初は苦手なタイプだと躊躇していた方でも、人柄に触れることで、自分の価値観や考え方に刺激を与えてくれることがあります。MMTECに入社して、新たな気づきや出会いがたくさんありました。友達の輪も広がったと思います。私にとってMMTECは、人と人とをつなげてくれる場所です。

  • プレッシャーを力に。
    偶然を面白がる。

  • 4年目になり、少しずつ頼りにされていると感じています。お客様や協力会社さんから頼りにしてもらうために、依頼された仕事は絶対に断らないようにしています。そして、「忙しい」という言葉は発しません。これは、入社当初から心掛けていることですね。まずは引き受ける。それから、周りの人を巻き込みながら実現するための方法を考えていくことが大切だと思っています。プレッシャーには強い方ではありません。でも、あえて自分にプレッシャーをかけて、力に変えているのかもしれません。そうすれば、変化や偶然を面白がることができますよ。