40代。
野心、あります。

エンジニアリング事業部 エンジニアリング部
西部エンジニアリンググループ 直島チーム
(所属は取材時点のもの)

星 友和

(2005年 中途入社)

  • 支え続けるベテランたち
  • 土木専攻

自身の専門領域を
切り拓きたい。

道路会社で、土木の施工管理を7年経験しました。でも、景気が悪化しはじめ、時代の変化に太刀打ちできなくなるのではという危機感がありました。自分はまだまだ伸びしろがある。土木だけではなく建築にも携わる人材になりたいと、土木も建築も両方できるMMTECに転職を決意しました。入社後は、エンジニアリング事業部に所属しながら、裾野、木場、生野の事業所(※1)で、土木建築に関する計画から設計、積算、施工管理を担当してきました。取得したいと思っていた建築に関する資格も得られました。土木も建築も担当することができ、業務の幅が確実に広がりました。
※1 静岡県裾野、東京都木場、兵庫県生野

  • 1人ひとりの主体性を
    育んでいきたい。

  • 現在は、管理職として直島事業所(※2)の若手社員と事業所幹部をつなぐマネジメントに従事しています。仕事内容や裁量をコントロールしつつ、一人ひとりが責任と主体性を持って取り組める環境を用意したいと考えています。そのために、まずはやってみせる、自分で考えさせる、そして、興味、好奇心を持ってもらうことを大事にしています。興味がなければ、お客さんと魅力的な会話はできません。現場では若手と一緒に仕事をし、時に飲みに行く。先輩後輩の距離が近い事業所でありたい、後輩たちから慕われる管理職でありたいと思います。
    ※2 香川県直島

MMTEC、変革中。

今、当社は変革の機にあります。時代が変わっていく中で、会社も成長しつづけるために変化が求められています。作業環境や労働環境の変革、国際基準の取得など、社会的な信用を得るための改革に取り組んでいるところです。当社の強みであるトータルエンジニアリングを、さらに高いレベルにしていきたい。そのために、最適な工法等をレビューし選定することで、これまで以上に高い安全性を担保し、質を高め、短い工期でコストダウンも図れるような工事を実現していきたいんです。お客様にとってより一層付加価値が高いサービスを追求し続けたいと考えています。

  • 野心をもって、前向きに。

  • コンプライアンスや安全性が叫ばれる時代です。でも、挑戦心は忘れて欲しくありません。MMTECでは、工法や設備について1年目でも第一線で経験することができます。同じものを使って仕事をしていたら、同じものしかつくれない。どんどん声を出してほしいですね。若手のメンバーがいろんなことに興味を持って前向きに取り組んでいると、事業所が明るくなります。直島事業所は活気と元気と勢いがある。さらに良い方向に進んでいけると思います。私ももう40代ですが、野心を持ち続けています。それは、会社の変革と成長に挑み続けるということ!一緒に挑戦していきましょう。