新規プラントの立ち上げとは?

各分野の
プロフェッショナルが集まって、
新規プラントをゼロからつくる。

プラントの起業工事とは、新しい工場を更地の状態からまるごと建てて、操業まで導くことです。お客様から新規プラント建設の依頼を受けたら、計画段階から参加し、生産プロセスの設計、建屋の設計と施工、機械装置の配置、電気・制御工事、そして試運転に至るまで、各チームの力を集結しすべてを担います。ときには機械装置の開発も行います。MMTECでは、主に5つのチーム編成により起業工事を行います。
1)プロセス
2)土木・建築
3)機械
4)電気・計装・制御
5)空調
各分野のプロフェッショナルが集まり協働することで、お客様のご要望に合わせたプラントづくりを行っています。

どんなスキルや経験が身につく?

前例のない分野、
前例のない工場に挑む。
未知の技術、
未知の自分と出会える。

お客様の半数近くは、三菱マテリアルグループ外です。そのため、過去に経験のない業界や工場からのオファーも絶えません。新しい分野への挑戦は、苦労もありますが、自らの技術力を試し、新しい発見や学びが得られる場と言えます。挑戦することで、未知の技術や、未知の自分と出会えます。また、変化の速い技術革新の波に乗り遅れないよう、機械装置の自動化など、技術の高度化にも積極的に取り組んでいます。

どんなプロジェクトがある?

最先端技術に挑みながら、
レアメタルのリサイクル工場を
建設しました。

  • 藤原 良仁/秋田事業所
  • エンジニアリング事業部 エンジニアリング部
    東部エンジニアリンググループ 秋田チーム
    (所属は取材時点のもの)

土木・建築分野の責任者として、日本新金属株式会社様の<高機能棟>を建設しました。<高機能棟>は、レアメタルの一種である高性能タングステンをリサイクルするための工場です。工期は8月から翌年7月までで、躯体工事が行われたのは、11月~3月の冬季期間でした。平均気温が氷点下になる中、安全性に優れかつ高品質な建物を建てるため、新しい工事方法にも挑みました。新規プラントの立ち上げは、毎回、狭い日本と言えども、自然環境や条件、プラントの仕様によって異なる苦労はありますが、工場が正常に安定稼働している現場を見ると、頑張ってよかったという達成感と、お客様の感謝の声が心に響きます。

藤原 良仁のエピソードはこちら

藤原 良仁のエピソードはこちら

プラントメンテナンスの仕事とは?

プラント運営を
現場の最前線で支える。

プラントメンテナンスの仕事は、お客様のプラントを日々訪問し、機械設備の保守点検や修繕、改善提案、設備管理を行います。お客様の製品品質と安定供給を支えることが使命です。安全を第一に、生産プロセスや品質管理などに関する幅広い知識を身につける必要があります。お客様との信頼関係が構築できると、装置の入れ替え工事など、さまざまな相談・依頼をいただけるようになります。自らの日々の業務の積み重ねにより、お客様にとってのよきパートナーへと進化し貢献することができる。やりがいの詰まった仕事です。

どんなスキルや経験が身につく?

知識や技術だけじゃない。
経験により培った人間力で
顧客の信頼を勝ち取る。

私たちが支えるプラントには、常にお客様がいらっしゃいます。プラントメンテナンスは、お客様との距離が最も近いエンジニアと言えます。だから、一人ひとりが会社の代表なんです。毎日の仕事や言動が、信頼獲得につながります。もちろん、知識や技術は大切ですが、一人の社会人として信頼してもらうことが大切ですね。年齢、職種、分野など、さまざまなバックグラウンドを持つ人々との協働は、学びが多く、自分を成長させてくれます。自然とコミュニケーション力も高まりますよ。

どんなプロジェクトがある?

何でもやります。
日常点検、緊急対応、
最新機器の入れ替え工事。

  • 佐藤 晶/いわき事業所 副所長 
  • プラントメンテナンス事業部 東部地区
    いわき事業所 副所長
    (所属は取材時点のもの)

1991年の入社から一貫して製錬所のメンテナンスに従事しています。日常点検を通し、プラント内の製造プロセスや装置に関する知識を増やし、修繕の経験から細かい仕組みを理解していきました。まさに、技術の基礎を磨くことができる仕事です。入社6年目からは、新規プラントの立ち上げに携わり、制御盤や操作盤、照明器具、電線管を設計し、取り付け、試運転まで行いました。MMTECでは、自分でつくったものを自分でメンテナンスすることができます。役割が分かれないから、応用力が身についたと思います。ものづくりが好きな方、腕のある技術者になりたい方には、楽しみながら成長できる仕事ですよ。

佐藤 晶のエピソードはこちら

佐藤 晶のエピソードはこちら

プラントエンジニアリングの枠を超えた仕事とは?

調査からコンサルティングまで、
資源や地質、
環境のプロフェッショナルとして。

私たちは、鉱山経営をルーツとして培ってきた資源探査・地質調査・ボーリング技術をベースに、様々な応用技術を発展させてきました。資源分野では、CO2削減につながるCO2地中貯留の技術開発や、大深度地下利用を可能にする深部地質環境調査のプロジェクトに参画。環境分野では、土壌・地下水汚染の調査・分析・対策まで一貫して対応。そしてエネルギー分野では、環境性に優れた地熱発電や地中熱利用システムの普及・推進に努めています。

どんなスキルや経験が身につく?

人のために、未来のために。
信念をもって、
地球との共生に挑む。

近年、クリーンエネルギーに対する期待と注目は一層の高まりを見せています。その中でも、地熱エネルギーは再生可能でより環境負荷が少なく、風力発電や水力発電などの自然エネルギーと比較して、供給における安定性に優れています。三菱マテリアルグループは、40年以上前からこの有用性にいち早く注目し、地熱発電を開始しました。当社では現在、国内の地熱開発プロジェクトをはじめとして、海外でも数多くの資源調査・環境モニタリング・開発を推進しています。

どんなプロジェクトがある?

20数年ぶりの新規建設。
絶対成功させてみせます。

  • 横山 昌之/山葵沢地熱発電所
  • 掘削工事JV(ジョイントベンチャー)副所長
    資源・環境・エネルギー事業部
    ドリリング部 課長補佐
    (所属は取材時点のもの)

入社以来、一貫してボーリング(掘削)に携わってきました。現在は、秋田県湯沢市にある山葵沢地熱発電所の新規建設プロジェクトで、協力会社とのJVとして掘削工事を担当しています。日本の地熱発電は長期にわたって停滞していましたが、2011年の東日本大震災以降、よりクリーンな再生可能エネルギーとして近年再評価されつつあります。そしてここは、大規模地熱発電所として実に20数年ぶりの新規建設現場なんです。地熱発電は、噴気を引き出す坑井(井戸)の掘削に成功しないと始まりません。直接目で見ることができない地下を、深度2000m先にあるターゲット(地熱貯留層)目指して掘っていくため、いつも計画通りにいくとは限りません。また、数ヶ所で掘削を同時進行させたり、地下トラブル対処、降積雪対策など、難易度がとても高いプロジェクトです。でも、「絶対成功させてみせる」といつも思っています。このプロジェクトの成功は、今後の地熱発電の普及に貢献すると信じています。

横山 昌之のエピソードはこちら

横山 昌之のエピソードはこちら