<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-TF6DXL" height="0" width="" style="" display:none;visibility:hidden"">

総合相談フォーム

特殊分析

一般化学分析・特殊分析定性・定量分析・元素分析・表面分析・形態観察等
その他、物性試験等各種委託研究・試験・分析

フロン分析

水中、ガス中のフロン(フロン11、フロン141b)分析を行っています。

蛍光X線分析

固体板状試料の表面に、真空中でX線を照射し、このX線を吸収して励起された試料中の原子が放出する二次X線をX線分光器に導き、目的とする元素の特性X線の一つを選んで、それを分離し強度を測定します。
固形の金属試料以外の、セラミックスやスラグなどの粉末試料に対しても、これを加圧成形して板状とし、或いはフラックスとともに融解した後冷却し固化させて板状のガラスビ-ドにすることによって適用可能です。

岩石分析

鉱物・鉱石・岩石等の分析

岩石分析とは?

鉱石中に含まれる金や銀の含有量を求めたり、全岩分析と言われる主成分分析を行うことで鉱物の構成比を求め岩石の種類を特定するデータに使用されます。

けい酸塩岩石の主要成分分析(全岩分析)

湿式法によりSiO2, TiO2, Al2O3, Fe2O3, FeO, MnO, MgO, CaO, Na2O, K2O, P2O5, H2O+, H2O-の13成分分析。16成分分析は、上記成分にS,SO3,T-CO2を加える。

火山ガラスの主成分・微量成分分析

火山灰等の岩石試料を水洗・篩分し粒径1/4~1/16mmにする。重液・磁気分離し、火山ガラスの純度を高めた試料を粉砕・酸分解後ICP発光分光分析をする。

銅鉱石及び硫化鉱石等の分析


全岩分析における試料の融解

当社は、これらの分析を昭和48年より手掛け、岩石分析におけるノウハウを蓄積し、お客様にデータを提供しています。

  • お問い合わせ・ご相談はこちら

    製品・技術については
    営業企画部
    03-6628-6905
    会社・採用については
    総務部
    03-6628-6900