<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-TF6DXL" height="0" width="" style="" display:none;visibility:hidden"">

総合相談フォーム

リモートセンシングとは

 

リモートセンシング

リモートセンシングとは

  • リモートセンシングとは、日本語では“遠隔探知“といい、特に資源探査においては航空機や人工衛星などに搭載されたセンサで地表を撮影・計測して、その状態を把握する技術を言います。
  • 資源探査に利用する人工衛星には、ALOS「だいち」やASTER(いずれも国産)、LANDSAT(米国)、SPOT(仏国)などの地球観測衛星があります。
  • これらの衛星に搭載されたセンサで取得されたデータを処理し解析することで、地球表層の地質、地形、植生、土壌、表層水などに関する情報を得ることができます。センサには大きく分けて受動型と能動型のセンサがあります。

光学センサ

  • 受動型センサの代表として光学センサがあり、人間が見ることのできる光の波長帯(可視域)から、それよりも波長の長い近赤外線や短波長赤外線、更に熱放射など温度に関係する熱赤外線の領域までの電磁波を観測し、画像データとして取得します。
  • 土壌や植物、岩石など地上の物質は、それぞれの波長帯域に特有のレスポンスを示し、この物質固有の特徴をスペクトルと呼びます。スペクトルを利用して、地表の物質を特定することができます

レーダー

  • 能動型センサの代表としてレーダーがあります。
    レーダーはセンサからある特定の波長帯域の電磁波(電波)を地表に照射し、地表で散乱してセンサに返ってきた信号を観測して画像化します。
  • それだけでなく、信号がセンサに返ってきた順番(時間)を正確に観測し、信号の波の特徴(位相)も観測できるので、それらの情報から地形標高の僅かな変化や、地表の凹凸の状態などを区分することができます。

人工衛星によるリモートセンシング

光学センサ画像(ASTER)

レーダー偏波画像(PALSAR)

導入実績・設備(提供サービス)

サービス内容 使用ソフトウエアおよび機器
各種センサ画像表示 ERDAS IMAGINE (Leica Geosystems製品)
(光学センサ、合成開口レーダー) ENVI (ITT製品)
各種画像データ処理 ERDAS IMAGINE
(統計処理、スペクトル処理、偏波処理、など) ENVI
各種画像データ判読および解析 ERDAS IMAGINE
(地質・鉱床、地形、森林、土地、防災、など) ENVI
ArcGIS(ESRI製品)
各種検体のスペクトル測定 野外携帯型スペクトル測定器 TerraSpec 4
(岩石、鉱物、ボーリングコア、など) ( Integrated Spectronics製品)
  • お問い合わせ・ご相談はこちら

    製品・技術については
    営業企画部
    03-6628-6905
    会社・採用については
    総務部
    03-6628-6900